読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然散歩

経済や数学など自分の興味ある分野について書いています。

マジ経-25  資本主義経済の中の労働者

 資本主義経済社会における労働者についてマルクスはその著書「資本論」の中でつぎのように述べている。
 「機械によって駆逐される労働者たちは作業場から労働市場へ投げ出され、そこですでに資本主義的搾取のために自由に利用できる状態にある労働力の数を増加させる。機械のこの作用はここでは労働者階級にたいする補償としてわれわれに示されるが、反対にそれは非常に恐ろしい鞭として労働者を苦しめる。 (中略) 彼らが別の何らかの部門で仕事を見つけた場合でさえ、労働者たちの前途はいかに見込みの少ないことであろうか。この哀れな連中は分業化によって不具化されているので、彼らのもとの労働範囲以外ではほとんど価値がなく、彼らが入り口を見いだすのはただわずかの低級な、したがって絶えず人があふれていて、賃銀の低い労働諸部門においてである」
  <キンポウゲ、カラスノエンドウ> そこかしこ土手を彩る春野草

f:id:shurrow2005:20160929045334j:plain