読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然散歩

経済や数学など自分の興味ある分野について書いています。

<第25回>フィボナッチ数列周辺  マイナス側を覗く(3)

今回はマイナス側に身を置いてプラス側を覗いてみましょう。
マイナスの世界の住人にとってはマイナスの側が現実で、プラスの側が
非現実の世界です。
この場合はn番目のフィボナッチ数をFnとするとFn=Fn+1+Fn+2
なので、プラス側へ書き加えていく場合はFn+2=Fn-Fn+1を計算
していきます。つまり加算した結果を数列の左側に書き足していくのが
マイナス側なら、プラス側は2つ並んだ数字の左から右の数を引いて
その結果を右側に書き足していくわけです。
まず左側に -1 -1 と書いて右へ向かってスタートです。
上がマイナス側からプラス側を見たnの値、下がフィボナッチ数の値です。
 
n  -2  -1   0   1    2   3   4   5   6    7  8   9   10 ・・・
   -1 -1  0 -1  1 -2  3 -5  8 -13 21 -34  55 ・・・
 
結果はマイナス側からプラス側を覗いても同じように符号が-と+に交互に
現れながら絶対値が増加していきます。
つまりどちらの側から0を超えて反対側を見ようとしても+と-に発散して
決してその真の姿をとらえることはできません。
結局のところ、この現象はプラス側、マイナス側が共通にもっている性質で
あることが確認されました。
以上の考察から、世界観にも関わるいろいろな妄想が沸き起こってきます。
が、ここではこれ以上言及することはやめておきます。
 
後は次回へ